陽だまりの彼女カウントダウン

今日の名言・格言集

潤くんにならって先人の名言をお勉強

プロフィール

おれんじ

Author:おれんじ
まったり更新中。
潤くん愛が溢れすぎて、ときどき熱すぎる語りになる場合がありますが、
生ぬるく見守っていただければ幸いです。^^;



まるごと翻訳-Translation

Googleブログ内サーチ

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

QRコード

QR

RSSリンクの表示

参加ランクキング

リンク

スポンサーサイト
--------  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ARASHI10-11TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~
2010-11-21  

ARASHI 10-11 TOUR "Scene"

11月19日東京ドーム行ってきました。
1塁側20通路37列目ということで・・・。双眼鏡必須な座席でしたけども
満喫してまいりました。


この頃とっても寒い日が続きましたが、この日はいつもより温かく
会場の周りにもワクワク顔の人々があふれていました。

ワタクシは、なんだかんだとのんびりしていて開演40分前にドームにつき
グッズを買って20分前ぐらいに会場入り。

えーですが、ひたすらワーワー浮かれていたので
写真も撮っていないし、ブログにレポするメモもしていないし、という
グダグダぶりだったことを家に帰って2日経った今ようやく気がつきました。
で、でも折角なのでやはり記憶を呼び覚まして少しだけ個人的メモリアルを・・・。

6時ちょうどに暗転、照明が落ちると緑のペンライトが会場中でユラユラ輝いて、
徐々に高揚感が増していき
中央のスクリーンに5人の映像が次々に映し出され、カウントダウンの数字が
5,4,3,2,1,0!
メインステージ中央の扉が開くと会場のテンションはMAXに

潤くんはセンターで、
髪形はポンパで、横もビシッと固めてます。後ろはフワフワでボリュームある感じ。
もうカッコイイというか、美しいというか。バラ

5人がステージに降りると滝が流れ
movin' on ♪
この登場からの流れすごいテンション上がります。




で、超ドいい加減なちょっとしたMCの記憶など

(※二日も経ってから記憶だけを頼りに書いているので、レポというにはおこがましく
だいたいこんな感じのトークだったなーという流れを追って
言い回しなどは、だいぶ適当になってます。

Love Rainbowのあと松潤の後をついて行こうと思った相葉ちゃんなのですが、
なぜか潤くんが自分の定位置で止まらなくてという話で
「ちげーよ。間違えてねぇよ!と強気で言ったものの、
さらなる相葉ちゃんの訴えによると(笑)

自分の立つ位置に潤くんが行ってしまったので、あれ?と思っていたら
気がついたらしい潤くんが何事もないようにサーッと自分の定位置に戻って行ったので
その間ウロウロしてしまった相葉ちゃんの方が間違えたようになってしまった!と

それを受けて潤くんは、テンション上がって行きすぎたと白状。
立ってみたら「あれ?俺この風景見たことねぇぞ?」と思って間違いに気がついた、と。
結局、自分で実況見聞しながら嬉しそうに白状しちゃってました。

他に失敗した人は?ということで大野くんもソロのときターンしていたら、
どっちが正面か分らなくなって、目の前にスクリーンが見えて自分が映っていたので
間違えたと思って、サッとターンしたとか。

OneLoveで自分の世界に入り過ぎてる相葉ちゃんを目撃した翔さんが
身ぶり手ぶりで陶酔ぶりを再現したあと、「さすがプロ」と褒めて(?)いました。

そのあと、ニノがlet me downの2番の立ち位置を確認したいんだけどー。と言いだし、
「そんなの楽屋で確認しろよー」とたぶん翔さんが言うんですが、
ニノは「ね?(笑)」って感じで潤くんに
潤くんが「俺もー・・・(苦笑)」か何にか、口ごもって?(ちょっとココ曖昧デス・・・。)

ニノに自分は13番の位置なんだけど、潤くんがズンズン歩いて行ってしまうものだから
自分もついて行かざるを得なかったと訴えられ、
またまた潤くん自らの検証が(笑)
潤「僕の位置は11番なんだけど、こう歩いて行って、ここ見たら12番だったから、歌いながらジワジワ」
ニノ「でしょ?だからこう(スリ足みたいな動作で横移動)戻りましたよ。」
潤「僕もこう(同じような動作で)戻りました。」
翔「それ、(後に続いた)ジュニアも皆そうなってるよ。(笑)」
という感じで。潤くんテンション上がりまくりだったんですね。

それからニノの映画の話になって、
翔「松本くんアレですよね、SF」
潤「そう、あれ・・・・・・・・ガツン!」
ニノ「また、このくだりですか(笑)もう何回もやってるので覚えて!」
潤「もうガツンにしてよ」
雅「でも、業界用語だったらガツンじゃない?」
翔「あと大奥もあって、今フリーター家を買うもやってますね。僕たち歌わせて貰えて光栄です。それから再放送で花男2もやってますね」
雅「俺今日食い入るように見てきました」
ニノ「僕も3本見ました」
雅「俺は2本・・・」
ニノ「あれ?全然食い入るようにじゃないじゃないですか。俺のが見てる
雅「目の前の一番いい場所で食い入るようにっていう意味なの!」
翔「花男でも、ラブソースイートが掛ってて嬉しいよね」

という、ま、まぁ。だいたいこんな感じだったと思うんですけどもー。(テヘ)
ライブ当日まで再放送の花男2を見てるなんて
皆、メンバー愛ですね。
かくいうワタクシも、ついつい家を出る直前まで3本目見てました。

で、一通り話し終えて、そろそろ準備は良いですか?と、言うんですが
相葉ちゃんが「いや、うーん?・・・もう?」って感じで言って
翔「何かあります?」
「そうそう、俺、松潤に期待していたんですよ。」と
松潤いつもコンサートの時、抱えて持ってくるじゃないですか。・・・こういうの」

と、小脇に何かを抱えるポーズ
「なに?」
雅「あの・・・・へ・・・」
3人「???」
雅「・・・だ・・・」全く名称が出てこない様子(笑)
3人「???」
ニノ「はい。後で頑張ってください」

という訳で、潤くんが何を持ってくるのか謎のまま4人がはけて
怪物くん♪に突入。

怪物くんが終了して、
リーダーがまだ怪物くん衣装のままステージに残り
4人は白い衣装で登場。

怪物くんと、4人のミニコントあり、
怪物くんなリーダーが、悪態を吐きつつ(笑)一旦はけて
相葉ちゃんにさっきの思い出した?という話になり、
どうやら、潤くんがよく酸素ベッドを持ってくるので、それを入りたいなと思って期待していたということらしいです。
雅「でも、ただで使わせてもらうのは悪いから、佃煮を持ってきたんだけど」
ニノ「あ、あれお土産だったんですか?」
雅「そう、だから佃煮あげるから」
ニノ「でも、あなた自分で食べてたじゃないですか」
雅「そう。美味しくて食べちゃいました。」

ということで、佃煮は潤くんの手に渡っておらず
相葉ちゃんと翔さんが食べたらしです。

でDon't stop♪
この時の衣装は全身白で上に羽織った膝丈ぐらいまである薄い衣は
腰のあたりから柔らかいひだがたっぷりとあって
手首には太いバングルに、スワロフスキーとか埋め込んであるのかな?細かくキラキラ光ってて
うぅ・・・似合うー。もの凄いイケメンの天使みたーい。
この世のものとは思えませんでした。

潤くんのソロは
レトロTVゲーム風の宇宙空間が、後ろの特大スクリーンに映し出されて
その画面の前にゲームキャラになった格好で水平に飛ぶ潤くんが登場
隕石を避けながら進んで、しばらくすると、ニノのピンクアイコンが飛んできて
潤くんがそれをゲットすると"LOVE UP"の文字がスクリーンに出て
UPした潤くんが巨大隕石を破壊してお宝ゲット。宝
GAME CLEAR!になるという、壮大なオープニング。
はける時笑顔でピースな潤くんが可愛かったデス。

Come back to me♪
衣装は黄色と青のピタッとしたゲームキャラ風衣装にサングラス。
レーザー光線が飛び交う派手なステージ、ダンスもガッツリで見ごたえありました
最後は、スロー再生のような動きで扉の奥へ
テクノポップって1970年代末から現われたらしいので
古くて新しいような、当時の雰囲気を取り入れた演出でしょうか。
潤くんて本当にエンターテイメント楽しいコトを考えるのが大好きですね。ハート 小ハート 小ハート 小


最後の一人ずつの挨拶は、
真摯に語りかけるメンバーの言葉に会場中が
シーンと静かに聞きいっていて、感動的な空間でした。
〆は潤くんで、
11年目10年分の力をもとにスタッフ含め5人で、どう向き合うか考えて
皆が少しでも元気になってくれたら、明日も頑張ろうと思ってくれたら幸せです
自分も元気貰いました。

というようなことを、言っていまして、
そのときの潤くんのトーンを押さえた深く優しい声がっ。もう。
声も、表情も、すごく愛情に満ちている感じで、
言葉が脳より先に心に浸透するような話し方なんです。キャラ
いやもう、非常に誠実で、愛情深く、静かに話す松本さん。

こういうのを見ると、役者松本潤が大好きなワタクシとしては、またも、
こういう大人な一面を活かした、深い大人の役をやって欲しいなぁー。
と、勝手な欲望がムズムズするのですけど。

というのも松本潤の静は静まりかえった無の状態ではなく
静けさの中にも、すごく、深い感情、愛情、優しさが詰まっているのが見て取れるのですよ。
大げさじゃなく、本当にー。
あーん。好き。

で、To be free♪
潤くんちょっと上向いてウルとしてたっぽく見えました。


──他プチ感想──
マダ上ヲ♪
この曲ひそかに大好きです。すごいガッツリダンスも披露してくれてカッコイイ。
やっぱり嵐さんの5人のダンスは秀逸です。
kagero♪
赤と青の照明演出が嵐さんのカッコ良さを更にひきたてて、めっちゃステキ。

Attack it!の後の挨拶で、翔さんが自己紹介しているとき、
その後ろで潤くんがピョコピョコとヤンチャな男の子みたいに
満面の笑顔でカメラ目線をしてて楽しげでした。
そして恒例の「5万5千人を幸せにしてやるぜ!」と、
ありがとうございます。ものすごい幸せです。

Monsterに入る前、Remix曲でダンス
何となくマイケルっぽいダンスでバシッときめる5人カッコ良かったです。

PIKA☆☆NCHI DOUBLE
潤くんが「東京!歌ってくれー」と叫んで大合唱。


んんー。あまり書けるような詳細覚えてなくて、申し訳ないです。
もう潤くんが、男前で、綺麗で、カッコよくて胸いっぱい。
そして嵐さん達はやっぱり5人とも王子様でダンスも凄くてで、
夢みたいな一夜でした。(すごいザックリ


※・・・というわけで、今回はワタクシのもの凄い曖昧な記憶なので、あまり何かの参考にはならないメモリアルでございます。
来年、また行けたら今度はきちんと記録してみようかなー。と思います。


1. movin'on/2. Love Rainbow/3. Troublemaker/4. Attack it!/5. Everything/6. T.A.B.O.O/7. let me down/8. マダ上ヲ/9. kagero/10. Oh yeah!/11. 静かな夜に/12. 1992*4##111/13. CARNIVAL NIGHT part2/14. One Love/15. ハダシの未来/16. ファイトソング
MC
17. ユカイツーカイ怪物くん/18. Don't stop/19. リフレイン/20. Dear Snow/21. あの日のメリークリスマス/22. Come back to me/23. Magical Song/24. PIKA☆☆NCHI Double/25. Love so sweet/26. 言葉より大切なもの/27. Believe/28. サーカス/29. Monster/30. To be free/31. 空高く
アンコール
32. Summer Splash!/33. きっと大丈夫/34. Happiness/35. マイガール
ダブルアンコール
36. 果てない空
スポンサーサイト



web拍手


2010-11-21(Sun) 17:24| | トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower5x10.blog11.fc2.com/tb.php/80-326e5987

カテゴリ

一応、分けてますが、ほとんど潤くん絡みの話題でーす。

  • 松本潤(21)
  • CM(5)
  • あゝ、荒野(6)
  • 嵐(16)
  • JUN STYLE(11)
  • 嵐のバラエティTV(19)
  • ドラマ(1)
  • CD・DVD(2)
  • 夏虹(9)
  • 嵐の予定(3)
  • 未分類(1)

チョットしたメモ&リンク

潤くんに関する個人的ミニメモ。


◎ TV ◎
  • 9/23 はじまりの歌
    (月・祝)【NHK総合】
    午後7時30分~8時43分


  • ◎ CM ◎
  • 9/24 明治から大人のきのこの山、たけのこの里【新発売】
【meiji提供番組】
■とくダネ(水フジ8:00)
■ひるおび(月-金TBS11:00)
■報道ステーション(水テレ朝21:54)
■すぽると(土フジ)
■カンブリア宮殿(木テレ東22:00)

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログのもくじ・・・

ページ移動

最新記事

嵐情報

潤くんblogpeople

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。