陽だまりの彼女カウントダウン

今日の名言・格言集

潤くんにならって先人の名言をお勉強

プロフィール

おれんじ

Author:おれんじ
まったり更新中。
潤くん愛が溢れすぎて、ときどき熱すぎる語りになる場合がありますが、
生ぬるく見守っていただければ幸いです。^^;



まるごと翻訳-Translation

Googleブログ内サーチ

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

QRコード

QR

RSSリンクの表示

参加ランクキング

リンク

スポンサーサイト
--------  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夏の恋は虹色に輝く #03
2010-08-05  

 夏虹 第3話 

すき。


・・・・はッ。
スミマセン。つい、気持ちがあふれました。

いやーん。
もう、なんていうの、ドラマでストーリーの中の登場人物として好きとかトキメクっていう感覚はよくありますが、
大雅くんに関しては、リアルに恋しそうです。
や、もうしてます。ドストライクすぎてコワイー。

未だかつてこんなに好きになったキャラクターいないかも。
はぁ、トキメク。
ワタクシ、基本ドラマや映画のキャラクターとしてはクール&ダークな人が好きだったりするのですが、
まあ、実在したらキケンなので、そこは画面上のキュンと割り切って(?)鑑賞します。
もちろん、普通ぽいキャラクターでもとキュンとくる場合は多々ありますが。
何が言いたいかというと、大雅くんは、「このドラマの中ではこの人がいいな」とかを超えて
全ての配分がドンピシャタイプ。
あーん。これって、ですカ。

ワタクシの個人的な好みとしてはですね。自然体で何でもソツなくこなせる人より、こう・・・
現状より前を掴もうと泥臭く努力しているような人とか
でも、いいところまでいってるのに、人が良くてどっか要領よくやれてなかったりとか
そういうのを見ると、なんだかすごーく、たまらなくキューンとしてしまいます。

で、勝気に前を向きながらも、時々ヘタレたり、ショボンとした姿見せられると、もーう。
愛おしくてたまらない気持ちに。ああ、ギュッとしたいー!

・・・ふぅ。失礼しました。(もっと言いたいけど)
まあ、大雅くんはだいぶヘタレてる場面が多いですケドも。
でもね。あの繊細さと能天気さの配分とか(笑)
子供みたいな勝気さと、根幹にある生真面目な優しさとか、
とにもかくにも、大雅くん。私の萌えポイントを突きすぎていてコワイんです。

夏虹が終わってしまったらどうすればいいのかしら。
やっぱりNHK朝の連続テレビ小説に譲渡して、1年間続けるのはどうでしょう。
(テイスト的にも)


あ、ドラマの話。

★大雅が家に帰ってくるとソファに倒れてるママ。
航太郎さんが浮気していたと泣きながら訴えます。
松坂さんのこの独特のふわっとした声すきだなぁ。癒されますね

で、「どうしたんだよ母さん!」と駆け寄り、ママの訴えを聞いて「浮気?え?・・・なんじゃこりゃ」と、机の上に置かれた手紙を見るも、桜ちゃんの写真に「ただの文通だろ」となだめますが、その中に、赤ちゃんを抱いた詩織さんの写真を見つけ、
「・・・え?」と絶句。
「隠し子よ~」
「えぇ?!」
↑この時の顔がスキ。
一話で元カノの箸の持ち方に絶句する表情もですが、
ビックリしてちょっと変顔になる表情がとってもキュート
潤くんてば、こういうコメディテイストな瞬発力もありますね。
ママの暴走にたじろぎながら微妙に「え?」「ん?」みたいな顔してるのも面白いデス。

この二人の組み合わせ妙に和みます~。本当の親子みたい。


★翌日事務所にて
写真の真偽について思い悩み、つい詩織を無視してしまう大雅ですが
桜に「あら先輩、仕事もないのにお疲れ様」と軽いジャブを入れられ
「うるっさいなぁ、仕事ならあるよ。クイズ番組のゲストが」と負けずに上から目線でいうものの
「あ~、申し訳ない大雅、あれ無くなったわ」と社長登場
「え?!折角一般常識の勉強してたのに!」
と、なんだかんだ遠慮のなくつづく3人の掛け合いが好きです。

で、いろいろあって大雅に次のドラマの付き人をやってという桜。
「先輩でいいや。ヨロシクせんぱい
「はぁ?!ふざけんなよ!なんで俺がお前の付き人にっ・・・」と憤る大雅をよそに
「な~るほど、それもアリだな」と社長納得。
「ちょ、青木さんまでそんなっ」
とかなんとか嫌がるものの、付き人になれば、プールの監視員役でワンシーン役にねじ込めるかもと言われると
「え?ホント・・・?」「ま、そこまで言うなら考えてみても・・・」
と子犬のように(笑)目をクリっとさせてちょっと喰いついちゃう大雅に
「よし!決まりだ」と社長がさっさと営業に行こうとすると
「ちょ、ちょっとまってっ!考えてみてもってっ・・・・・サイアクだ・・・」
と往生際が悪い。(笑)そして
「なんて言う事だ・・・断わりゃよかったよー・・付き人やってまで役貰うなんて・・・俺のプライドがぁ・・・」
とガックリとソファーに沈む大雅くん。このションボリーな口調がたまらなーい。
潤くんのコメディなリアクションいいです。

フン。と桜ちゃんに虚勢はったかと思えば、話をドンドン進められてオロオロしたり
役貰えるかも?ってちょと喜んじゃったり、でも、社長に「ちょっとまって」って追い縋ったり
付き人なんてー、とまた落ち込んだり、
で、合間に詩織さんを目が合うと途端に意識して目をそらしたり
表情がクルクル変わるんです。
もう、カワイイやら、カワイイやら、カワイイやら。(×100)

あ、でもこのドラマのいいのはコメディと言っても、笑わせようとしすぎて悪ふざけになっていないところです。
あくまで普通の会話の小気味よいテンポが面白いのです。
桜と社長と大雅の遠慮のない掛け合いは毎回の楽しみ。

★さて、詩織さんにはずみで告白。
「ああ、分ったわよそんなに嫌いなのね!付き人の仕事も、ハッカの飴も!私の事も!」
「うるせぇな!好きだよ」イヤン。
背を向けて声を荒げて言ってしまってから、一瞬止まり、振り返ります。
カメラは潤くんのアップになり
「・・・好きだよ。」
つぶやき、今度は意志的に詩織に視線を合わせもう一度。
「・・・・・好きなんだ、キミのことが」
いやーーーーーーーーーん。何回言うの。倒れそう
と、ジタバタしたところでオープニング。

あーアブナイ。萌えシヌかと思いマシタ。

で、次の場面ではヘタレてました。(笑)
「あっ、・・べつに、その・・・・深い意味じゃないケドネ。」
キョトキョト視線をさまよわせ少し後づ去りながら、ビックリ目になって上目使いで詩織を伺う大雅。
「はい?」
怪訝な顔つきの詩織から逃げるように数歩遠ざかり身振り手振りでフォローにはしります。
「べつにスキっていってもさ、ほら。いろいろあるじゃん。
英語だとラブ!とか、ライクとか!ポリファー!とか、ファンタステーィック!!とか、
・・・いろいろあって、その・・・」

「今の俺のも、こ、ライクとラブの間っていうかっ
・・・いや、違うな今の気持ち的にはもう、ライクっていうよりラブまでいっちゃってるか、
ラブ・・・・ラブって事なんだけど、あ、いや、今すぐどうこうなろうなんてそんなヤマシイ気持ちはなくて・・・」

大雅くん。詩織に言い訳しながら、だんだん自問自答に入って、また言い訳に戻ったり
一人でテンション上がったり下がったりする様がキュン。

そんな必死の弁明も空しく、詩織さんには、ハハハハハと笑いながら軽く「ごめんなさーい」といなされてしまうんですけども。
詩織さんが去ったあとやっと「・・・・・え?・・・何があったんだ、今」
と告白してしまったことを、自分で理解しきれず呆然とする天然さんが、これまたカワイイのでした。

その後、自宅にて
「ねぇねぇ慶太、聞いてよ俺すげぇ馬鹿なことしちゃった」と泣きを入れるトコも好き。
今回のドラマでの掘り出し物は。潤くんの愚痴モードで泣きが入った甘えた調子の声。
ヤーメーテー!可愛すぎて、ワタクシの緻密な理性が保てない。(大雅くんのマネ。)
もう何か居ても立っても居られない気分にさせられます。反則だわ!

いやいや・・・というか、2話の時も書きましたが、大雅くんのシーン全てツボすぎて
書きだしてるとあらすじになっちゃうんですってばー。


しかし、改めて書いてるとだいぶ情けない感が拭えない。太雅くん。
でもビックリするぐらいキュートで魅力的なのです。
いや、本当にいつも思うんですが、潤くんて何かそのキャラに魂を吹き込む力みたいなものがありますよね。
見る人をグッと引きこむ何かがあるんです。
それは、ドラマに限らずダンスでも感じるのですが、たぶん潤くん自身がその演じる世界観に対してすごく真剣に向き合っているからではないかなーとか思ったりします。

★桜の付き人に
大荷物を持ってヨロヨロとスタジオの廊下を歩いていると、宿敵の譲くん登場。
またまた嫌味を言われるものの、実は桜の大ファン。
桜「行きましょ先輩」
譲「先輩?ちょっと待ったなんでお前程度が桜さんみたいな大女優の先輩なんだよ」と憤る譲
大雅「はぁ?」
桜「はやくぅ。センパイ」と小首をかしげる桜、ここで状況を理解した大雅は
大雅「すぐ行くよー、桜。参っちゃうよな、あいつ俺に頼りっきりでさ」と恋人風を装いニヤリ。
大雅、小さっ!(笑)でも、その小ささがツボ。

ところで、ワタクシ少々、桜ちゃん萌えでもあります。
ツンとしてるのに何か憎めないですよね。
今回、桜ちゃんが少し大雅を好きになりかけた?みたいなシーンがあって、とてもワクワクしました。
こちらの恋模様も進展していくと楽しいんだけどなー。

ちょっとしたツボ。
★潤くんの入浴シーン(笑)
ムキムキでもなく痩せすぎてもなくほど良く色っぽいですネ。ウフ。
★譲くんに再び桜との関係を聞かれた直後、悪戯っ子みたいにキラッと輝く目。
いつもしてやられている譲くんを、悔しがらせられる機会が相当嬉しい!っていうのが顔に出ちゃって、微妙にだけどパッと表情が変わるの。小さい男だけど(笑)やっぱりカワイイ。


★ラストもう一度告白
一度目の弾みの告白ではなく、今度は真剣。

「好きだ。」
いやーん。そんな真剣な表情で告白されたら絶対。断れませーん!
もう99%の女子がフラフラと頷きますって。
でも、さすが詩織さん。断りました。

「私好きな人がいるんです。・・夫よ・・・海の父親。
優しい人だったの(--中略--)子供が生まれるのを凄く楽しみにしてた。
でも・・亡くなったの・・・・・今も、今も凄く愛してる。
だから私、フフ。もう一生恋はしないんです。・・・・お疲れさまでした。お先に失礼します」


何も言えず立ちつくす大雅に頭を下げ足早に去る詩織。
そして、一人になった事務所で、大雅は静かに椅子に腰かけ
詩織にもらった飴玉をみつめ、うつむき加減にそれを口に含む。

--その飴はやっぱりハッカだった。そのスースーする味は
やっぱり美味しいとは思えなかったけれど、
不思議なくらい今の僕の気持ちに似合っていた--
 (モノローグ)


わぁーん。胸が苦しい。切ない。
・・・そして絵になるーっ。
雑多な事務所で座っているその佇まいが、なんて切なく美しい光景。

このシーンでYUIさんの挿入歌「Please Stay With Me」が流れるわけなんですけど。
3話までで、今回ほどこの挿入歌が効果的だったことはないです。
いいですねー。挿入歌とドラマがマッチしてくるとグッと入り込みますわ。
ふぅ~。もーう。盛り上がってまいりました。


あ、えっと、正直、このラストのセリフまで、
ワタクシそんなに詩織さんが好きではありませんでした。(すみませーん)
が、この秘めた静かで深い情に、かなりやられました。
来週からは、桜ちゃんの恋心も気になりつつ、詩織さんと大雅くんの恋の行く末にもドキドキしたい所存です。


web拍手

----------(その他のヨモヤマバナシ)----------
ところで、こんなに大雅くんに惚れこんでしまったワタクシですが。
それとは別に常々、思うのは。
この回のラストでもそうですが、潤くんて静かに切ない心情を表現する感じもいいですよね。

もともと喜怒哀楽がとても豊かな人なので、
”怒”や”喜”の振りが大きい役柄が多いのですが、
わたしは潤くんの”静”の演技も好きなんだけどなぁ。と思うんですケドも。

それと、キャラに強い個性を持たせられる人なので、今回の大雅くんもそうですが、
どうしてもキャラ立ちから入るドラマも多いかなって、それも楽しくていいんですけど
でも、”松本潤の為にある”ような台本じゃない役にも、ちゃんとピタリとハマれる人だとも思うんです。

なので、確かに大雅くんは可愛くて可愛くてしょーがないんですけど、
いつかワタクシの好きなダーク&クールな大人を演じる潤くんもみたいなぁ。
と、また贅沢な欲望にかられるのでした。

余談ですが、わりと欠かさず見ている「龍馬伝」のseason3から登場した
長州藩の高杉晋作がステキ。(役者さんは、たぶん翔さんが出演したハチクロの森田さん役の人カナ?)
ああいう視線と間の演技、潤くんも実はいいと思うんですけども。
ふぅ、見たい。

そうそう、ついでに思い出しましたが、
3週間ぐらい前(?)のJUN STYLEに小栗君が出演した時のこと、
今回初映画監督をするにあたって出演者選びをだいぶ以前から考えていたという話になって、
潤「あの一つ聞いていいすか?5人いるうちに・・・・俺入って、ないな。」
旬「ははははは。ごめん。ごめん。ごめん。
ある程度結果残してからじゃないとジャニーズさんとは仕事できねぇなと思ってる所がありますので、
やっぱこのシェアリーサムディが面白かったと言ってもらえたら、
ごめんなさい。もう少し監督もできると思うのね。
そしたら、やっぱりこないだなんかも、そのー、潤と斗真と3人で話したときのように、
俺はこんなに面白い素材が自分のそばに一杯いるんだから、そういう人たちを使って、
映画を作りたいなぁっていうのは、僕のこの先の大きな夢ですよね」

と言いてましたけども。
ンムム。やっぱりジャニーズさんにはそうそう手を出せないのでしょうか。
もちろん潤くんがジャニーズに入ってくれたことは今世紀最大の大ヒットですが。
それゆえのしがらみも大変なのね。と勝手にと思ったり。

んー、全くもって、とりとめが無くなってきましたが、
大雅くんも可愛いし、他にも色々みたいなーという、一ファンの贅沢な呟きでした。

でも、もうこの夏は大雅くんまっしぐらですけどね!
早く月曜日になーれ
スポンサーサイト

2010-08-05(Thu) 10:54| 夏虹| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower5x10.blog11.fc2.com/tb.php/63-6c774158

カテゴリ

一応、分けてますが、ほとんど潤くん絡みの話題でーす。

  • 松本潤(21)
  • CM(5)
  • あゝ、荒野(6)
  • 嵐(16)
  • JUN STYLE(11)
  • 嵐のバラエティTV(19)
  • ドラマ(1)
  • CD・DVD(2)
  • 夏虹(9)
  • 嵐の予定(3)
  • 未分類(1)

チョットしたメモ&リンク

潤くんに関する個人的ミニメモ。


◎ TV ◎
  • 9/23 はじまりの歌
    (月・祝)【NHK総合】
    午後7時30分~8時43分


  • ◎ CM ◎
  • 9/24 明治から大人のきのこの山、たけのこの里【新発売】
【meiji提供番組】
■とくダネ(水フジ8:00)
■ひるおび(月-金TBS11:00)
■報道ステーション(水テレ朝21:54)
■すぽると(土フジ)
■カンブリア宮殿(木テレ東22:00)

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログのもくじ・・・

ページ移動

最新記事

嵐情報

潤くんblogpeople

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。