陽だまりの彼女カウントダウン

今日の名言・格言集

潤くんにならって先人の名言をお勉強

プロフィール

おれんじ

Author:おれんじ
まったり更新中。
潤くん愛が溢れすぎて、ときどき熱すぎる語りになる場合がありますが、
生ぬるく見守っていただければ幸いです。^^;



まるごと翻訳-Translation

Googleブログ内サーチ

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

QRコード

QR

RSSリンクの表示

参加ランクキング

リンク

スポンサーサイト
--------  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

最後の約束
2010-01-16  

わー。いろいろ書くことあったのに、PCキーボードの「J」の文字が利かなくなって、
修理してました。まだ新しいのに、やっぱりジャニーズとか、ジュンとか、じゅんとか・・・潤とか打ち過ぎたのでしょうね。^□^汗
それに、わが家の愛猫ちゃんが、容赦なくキーボードの上に乗るのも原因なんですケド。
全く余談なんですが、この愛猫ちゃん潤くんとお揃いで、
唇の下にちょっと大きめなセクシーなホクロがある美人ニャンコさんなので、つい溺愛して怒れないワタクシです。´ω`

それはさておき、やっと直ったPCで、先週、今週をザックリ振りかえろうかなーと。
まず、あれですよね。

『最後の約束』
イヤン。カッコよかった。泣くバイク便ライダー潤くん。
こういう男らしい仕事服で、襟あし短い髪形だと、頭ちっちゃいの強調されますね。ハート
歩く姿が遠目からでもカッコイー。
ああ、でもこんなカッコイイ、バイク便のお兄さんいるかしら?
最近、潤くんの目がキレイ過ぎて、正視できないくらいなんですけども。(本気)
・・・そう言いながら何度も見マスが。キラキラ

ちょっと前は、もっとクリっとしてる印象だったんですけど、
最近の潤くんて視線の向け方が大人っぽくなったのかなー。
ふとした時にスッと前を見る目が、凛として、涼しげというか、
でも優しい感じで、なんだか包容力のある感じにドキドキします。

なのに、おしるこ美味しそうに飲んでるシーンはカワイくて、
どうしてこんなに魅力満載なのでしょうか。この方。

で、一番トキメイたのは、黒木さんにバシンと頬を叩かれて胸ぐら掴まれた後、
潤くんが一瞬で相手のえり首を掴んで体勢逆転させて超至近距離で
「人を殴るなんて・・・お前の言うとおり、親からロクな教育受けてねぇな」
っていうシーン。

きゃぁーーーーーーーーー
ハートハートハート
鼻血でるってば!

そのセリフの言い方もいいし、前後の間の取り方もね。
あーん。グッとくる!グッとくる!

数秒、少し冷めた感じで目を細めて、見下すような視線と沈黙。
ここでもう、かなりクラクラするんですけど、

そのあと、静かに低い声で、セリフを言いながら
眼力をグッと強めて相手を射竦めるように見る凄味がねーーーーっ。

もーっ。やだー。
ドキドキしすぎてどーしていいか分かりませんよっ。
こういう威嚇するシーンでこんなトキメク人って他にいるでしょうか?
鬼のようにカッコイイですよね。えーん

あーん。言われたーい。
(※あ、潤くん以外に言われたら怒るケド。)

なので、こういう感じでですね、宿命のライバルとか、何かスゴイ敵?(笑)みたいな人と
対峙するシーンが沢山あるような役をやって欲しいですー。


あ、でも別の意味でドキドキしたのは、友達との思い出話で
隠れてるのに「まだ、終わってねーぞ!」って大きい声で言うシーン。
わー!!犯人に見つからないの?!とか思ったんですケド。犯人だったんですね。^^;




で、ちょっと言っちゃいますと (注※ここからチョットアレヤコレヤ言ってますase3
コレ嵐さん達が犯人なのは、いいのですが、
あのー・・・。ええっと?

こんな大勢の人を巻き込んだ大事件の犯行動機が、部活の友達の為とは、うーん。緊迫感に欠ける設定すぎるような・・・^^;
いや、友達想いなのはイイ事ですし、薬害も真剣に考えなくちゃいけない問題です。
でも、だからってテロしちゃうカナ?と、いう、ね。

それにシリアスに悪者を主人公として取り扱うなら、
もっと、そこに至る心情や、汚い部分までもキチンと描かないと、
ビルジャックというインパクトと、
嵐カラーのユルめなイイ人雰囲気をムリヤリ融合させようとした結果、
テロっていう重大犯罪なのに、そこは嵐がやっているんだから悪い人なワケないのは分かってますよね。と言わんばかりに、ほとんど犯行に至るまでの犯人像を描かず、あっさりイイ人のように演出してしまっていたのが、
相葉ちゃんがインタビューで言ってた通り、だいぶ「ファンタジー」な話になってしまっているなぁ。・(汗)×2と感じた次第です。

もちろん犯罪ドラマは駄目!などと固い事を言うつもりはないのですが、
犯人達の深刻さや事件の重大さに比べ、物語の作りこみの浅さと、最後の妙に爽やかなオチが、どうにもチグハグでムズムズしちゃいました。


はっ。萌えない話しを真面目に語ってスミマセン。

こう熱く語っちゃうのも、今までの潤くんが演じてきた役の多くは少年と青年の狭間のような
危うさが魅力的だったりして、そこがステキなのですが、

26歳になった彼は、最近とても大人の魅力が増してるので、
何かと戦うのなら、そろそろ大人に反抗する学生風の、モラトリアム設定より
相手と対等に戦う大人の役の方が似合うんじゃないかな?
と常々思っていたからなんです。

あ、でも潤くんの演じる情熱的な感じや、静と動を併せ持った多感な雰囲気は大好きなので、
ガチガチの分別ある大人らしい大人でもなく(どっちだ。笑)
自分の罪深さも知った上で、なお戦う渋くてカッコイイ役とかやって欲しいのにー。
という、まあ。一ファンの完全なエゴなんですけど。><;

なので、犯行動機を明かした後、社長と対峙して、潤くんが掴みかかるシーンなんて、
犯人としての怒りや緊迫感が伝わる、良い場面なのですが、
いかんせん、セリフに「高校」とか「部活」とか入っていると、んん?って引っ掛かっちゃうんですよね。

これもワタクシが、単に「部活」に対するピュアさや情熱を、忘れ去ってしまったからかもしれませんが(笑)
うーん。もうちょっと、世にスレた大人にも説得力のある設定にしてくれたらなぁ。

でも、そんなこんなのユルテロ設定は置いておくとして(笑)
5人がダクトから逃げるシーンのやり取りは
嵐さん達らしい仲良し雰囲気でやっぱりホンワカしました。キラキラ
むしろ、こんな爽やか青年風で全編作った方がよかったのでは・・・(まだ言う)

・・・と、色々、勝手なこと書きましたが、
潤くんと黒木さんが睨みあうシーンなんて、何度見てもジタバタドキドキしちゃうし。
結局とっても楽しみました。テヘ。kao04


あ。ワクワクドキドキ、ニャンニャンの「宿題くん」などについても書きたかったのですが、
長くなったので、また後日。
スポンサーサイト



web拍手


2010-01-16(Sat) 03:12| 松本潤| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower5x10.blog11.fc2.com/tb.php/51-a29181b9

カテゴリ

一応、分けてますが、ほとんど潤くん絡みの話題でーす。

  • 松本潤(21)
  • CM(5)
  • あゝ、荒野(6)
  • 嵐(16)
  • JUN STYLE(11)
  • 嵐のバラエティTV(19)
  • ドラマ(1)
  • CD・DVD(2)
  • 夏虹(9)
  • 嵐の予定(3)
  • 未分類(1)

チョットしたメモ&リンク

潤くんに関する個人的ミニメモ。


◎ TV ◎
  • 9/23 はじまりの歌
    (月・祝)【NHK総合】
    午後7時30分~8時43分


  • ◎ CM ◎
  • 9/24 明治から大人のきのこの山、たけのこの里【新発売】
【meiji提供番組】
■とくダネ(水フジ8:00)
■ひるおび(月-金TBS11:00)
■報道ステーション(水テレ朝21:54)
■すぽると(土フジ)
■カンブリア宮殿(木テレ東22:00)

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログのもくじ・・・

ページ移動

最新記事

嵐情報

潤くんblogpeople

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。