陽だまりの彼女カウントダウン

今日の名言・格言集

潤くんにならって先人の名言をお勉強

プロフィール

おれんじ

Author:おれんじ
まったり更新中。
潤くん愛が溢れすぎて、ときどき熱すぎる語りになる場合がありますが、
生ぬるく見守っていただければ幸いです。^^;



まるごと翻訳-Translation

Googleブログ内サーチ

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

QRコード

QR

RSSリンクの表示

参加ランクキング

リンク

スポンサーサイト
--------  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

潤くんラッシュ・雑誌編
2011-10-11  

記事わーい。
ここにきて潤くんラッシュですね。

色々なお仕事が発表され、
街に出ては潤くんのポスター。
TVを見てはCM、司会と、
もう、あっちでフラフラこっでキョロキョロと、挙動不審な毎日が続き、
嬉しい悲鳴を上げっぱなしです。

そして、相変わらず、記事の内容が後手後手のブログですが、
本日は雑誌まとめデス。



─発売中の「あゝ、荒野」関連の雑誌─
●+act.(9月15日発売)
●BEST STAGE(9月27日発売)
●LOOK at STAR!(9月27日発売)
●シアターガイド(10月2日発売)

どの雑誌もクォリティが高くて、堪りませーん。

いつも思うのですが、潤くんの写真て、一枚の写真にもキッチリと世界観があって、ワンカットごとに、物語が見えるような不思議な感覚があるんですよね。

あ、これは写真だけでなく、ダンスにしてもそうです。
視線の下ろし方一つ、指の先の動きひとつにも、
潤くんなんだけど、潤くんとは違う、別の人生を歩んだ、別の魂が入っているような、
そして、その時々の表現によって、強かったり、穏やかであったり、様々なんですが
なぜか、一つ一つがどれもストーリー性をおびた、奥行を感じさせ、鮮烈な印象を残すという、
こんな方、ナカナカいないと思います。


そういえば、雑誌のフォトと言えば、ずいぶん前の話になりますが、
2008年発売の、言わずと知れた「Cut」12月号。
潤様が、シャツをはだけるわ、縛られるわ、目隠しされるわ、お風呂に落とされるわ、フルーツくわえるわetc...の、衝撃的な雑誌にて。
──こういう撮影のとき、どんな事を考えているんですか?(記者)

「今日は27歳のサラリーマンです(笑)。って勝手に思ってた。普通に写るのがあまりにもこっぱずかしかったので、なんか設定つくろう、って」
(引用:Cut 2008/12)
と、仰っていたのを思い出しましたが、

いや、潤くんが27歳サラリーマンを一体どんなだと思っているのか。
平均的27歳サラリーマンは、そんな超高級なホテルの一室で、そんな怪しげなコトしないと思う。
・・・っていうか、その妄想。いえ、設定。ゼヒもっと詳しく聞かせてください!
と、いう。ワタクシの3年越しの熱い気持ちは置いといて。


そんな小っ恥ずかしい気持ちがありつつも、いざ、撮影となったら、
求められる役をさらに自分なりに膨らませ、スタッフさんと共にアイディアも出し果敢に挑む。
与えられた状況に対して、常に考え、表現者でいる所がステキだと思います。
その結果、あの憂いを帯びた麗しのフォトが。
(や、なんで、ここであえて2008年のCatかって言ったら、本棚に雑誌を並べていて、ああーこれ凄かったのに、まだ語ってない。と思ったので、ねじ込みました。^^;)


さて、2011年、秋。
+act.
何もない白い背景に、グレーのパーカー、白いTシャツ、白いグローブの潤くん。
3頁の片目をパーカーに隠して視線を落としてしるフォトが特に、スキ。

たぶんまだそんなに写真で新次色出していこうって感じで撮ってはいないのだろうと思うのですが、このフォトはバリカンとの試合に挑む前の新次が重なって見えます。
憎むということが最後まで出来ないバリカンに対して、
逆に、新次は戦いに没頭する時それが誰であれ、闘争、憎しみの塊になれる人かと。
純度100%の戦いの化身。
そのほんの少し前の、静けさ、無の状態という感じがします。

BEST STAGE
衣装的には、一番。え?って感じです。^^;
ウェスタン=荒野ということかな?
んー、新次はふだんの服装には頓着していなそう、と言うか、そんなに洗練された服着ないだろうから、こういのもアリ?
あ、あとこの機会に、ちょっと言うと、ワタクシ潤くんがハットかぶるのはそんなに
・・・・好きじゃないデス。
ニット帽とか、キャップはカワイイから好きなんだけどもー。

─作品の世界に入るために、まずは肉体から準備をしている。
肉体と精神がリアルに繋がっていることを今まであまり感じたことがなかったから、新鮮な感覚をえられた。─

という潤くん。なるほど、今まで、潤くんは演じている自分と、それを俯瞰で冷静に見ている自分がいると、雑誌で仰っていたり、
また、ドラマ撮影中、とても気を遣う人で、シーンの繋がりで手にもった小物の向き、位置まで記録さん以上に気にしているという石井監督の証言があったりして(2008/Vol.12/+act)
その細部にわたる注意力や視野の広さに感心しきりなのですが、

今回の役柄はボクシングという、もっとも本能的なスポーツをベースとして描かれているし、
その気迫や世界観を、生身で肉眼で見せなくてはならない、舞台というこで、
より、新次そのものを演じる為には、あえて潤くんの俯瞰的な視野の広さなどを削ぎ落として
肉体と頭を一体にしていくのでしょうカ。

などと考えてみたり。
潤くんが、また一歩、新たな感覚を掴んでいるのかしら?と思うと、ワクワクします。

それにしても、「あゝ、荒野」の原作は、バリカンはモノローグが多いので、だいたいどんな考えの人か分かるのですけど、新次については、行動から想像をしますが、
実際、その頭の中では何を考えているのか分かりづらい人物ですね。
だからこそ、潤くんが、どう解釈して演じるのかも、興味津々です。
潤くんもまだ、試行錯誤してるのかなー?

あ、でもワタクシ「あゝ、荒野」を熟読しようと思うあまり、持ち歩いていたらどっかに置き忘れたらしく。今、手元に本がないので、少々記憶が曖昧になりつつあるんですけども。
・・・もう一回買おうかな。(潤くんの爪の垢を煎じて注意力を養いたいデス。シクシク)

LOOK at STAR!
真っ赤なDiorのニットを着る潤くん。
ふぅ。これだけ赤が似合う男性って、潤くんを置いているかしら。
情熱的な赤をまとっているけど、表情は穏やか。いや、麗しい。
いやぁ──。9頁の潤くんトカ!ちょっと遠くを見める目が憂い帯びて
なんだか、わけもなく胸がギューっとなりますっ。
ピンナップのアップは色っぽすぎますっ。

真剣な面持ちで前を見る潤くんも、自分の内面を見るように俯いた潤くんも、ステキ。
ソロに挑む時の潤くん自身って感じです。
潤くんは舞台に限らず、ソロの時はいつもより少し大人っぽくて、
凛とした緊張感を持ってますよね。
そういう空気感、好きです。

シアターガイド
カ、カ、カッコイイ!!
制作発表の時に着ていた黒のスリーピース。
いやーん。全部カッコイイけど、特に5頁。
「LOOK at STAR!」での遠くを見ていた視線は、優しげな憂いを感じたんですが、
こちらは、何か決意を秘めた男。って感じで、またまた違った魅力。
ひざ上ぐらいまでのショットで、何気ない立ち姿なのに何かただならぬ、重厚な雰囲気。

ワタクシ、明治大正浪漫的な雰囲気も大好物なのですが、
潤くんてそういう色も持っていると、つねづね思うんです。
この写真は、そんなワタクシが大好きな感じが漂っております。

男が男たらんとする為のハングリーさとか、美学とか、人としての潔さとか
明と暗がお互いの領分を侵さず存在し、でも混沌が容認されていたような
時代の華やぎとか、重さとか、生命の根源的なエネルギーが渦巻いていて、
人も街もよりリアルに息づいていた、
そいういう舞台が似合うわぁ。
と、勝手にドキドキしてみるワタクシ。
このフォトだと、明治の華族とーかー。

はっつい「あゝ、荒野」と関係なく妄想に突っ走ってしまいました。
とにかく凛々しく、美しく、品のある潤様を前に、動悸が。

潤くんのフォトて、本当にいろんな想像を掻き立てる要素を含んでいて、
楽しいったらないですね。

テキストについても、もっと語りたかったのですがフォトに熱弁ふるい過ぎてしまったので
本日はこのへんで。
スポンサーサイト



web拍手


2011-10-11(Tue) 03:12| あゝ、荒野| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower5x10.blog11.fc2.com/tb.php/109-2f376edf

カテゴリ

一応、分けてますが、ほとんど潤くん絡みの話題でーす。

  • 松本潤(21)
  • CM(5)
  • あゝ、荒野(6)
  • 嵐(16)
  • JUN STYLE(11)
  • 嵐のバラエティTV(19)
  • ドラマ(1)
  • CD・DVD(2)
  • 夏虹(9)
  • 嵐の予定(3)
  • 未分類(1)

チョットしたメモ&リンク

潤くんに関する個人的ミニメモ。


◎ TV ◎
  • 9/23 はじまりの歌
    (月・祝)【NHK総合】
    午後7時30分~8時43分


  • ◎ CM ◎
  • 9/24 明治から大人のきのこの山、たけのこの里【新発売】
【meiji提供番組】
■とくダネ(水フジ8:00)
■ひるおび(月-金TBS11:00)
■報道ステーション(水テレ朝21:54)
■すぽると(土フジ)
■カンブリア宮殿(木テレ東22:00)

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログのもくじ・・・

ページ移動

最新記事

嵐情報

潤くんblogpeople

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。